群馬県のオススメ観光スポット、コース、温泉、旅館、グルメ、地ビール、スイーツを紹介するWebサイト

名峰を誇る群馬の山なみは美しく、赤城、榛名、妙義の稜線の向こうに、浅間、谷川、武尊など国境の峰が連なります。この山なみの風景が、群馬を訪れる人々を迎え、群馬の美しさを印象づけてくれます。そして、そこに住む人々にとっては、心に刻まれる原風景でもあります。
今回ご紹介する榛名山は、万葉の時代は「伊香保嶺」と呼ばれ9首の東歌がおさめられています。当時の「伊香保」は、現在の伊香保温泉だけでなく、山麓全体の呼び名であ ったようです。群馬(上野国)の東歌が関東の中でも特に多く、中でも「伊香保」の歌が多いのは、太古から人々の心を惹きつける山だったからでしょうか。
榛名富士は、大男のダイダラボッチが山造り競争で富士山と争ったという伝承があり、本当に美しいシルエットです。榛名富士と榛名湖の外輪に掃部ヶ岳(かもんがたけ) 、相馬山、天目山、烏帽子岳、鬢櫛山(びんぐし)などが囲み、四季を通じて美しい風景を楽しむことができます。さぁ新緑の榛名山にでかけてみましょう。帰りには、榛名湖温泉「ゆうすげ」で一風呂浴びてくつろいではいかがでしょう。

白衣大観音と桜写真

榛名ハイキングルート
「ゆうすげの道」がイチオシ

5月から秋まで榛名山は美しい高原の植物に彩られます。平地よりも1カ月遅れて咲くヤマサクラ。ズミ、ヤマツツジレンゲ、ツツジなどが5月から6月にかけて見ごろとなります。ユウスゲ、オオバギボウシ、ワレモコウは7月中下旬から咲き始めます。
榛名湖周辺には素敵なハイキングルートがたくさんあります。湖畔には何カ所か駐車場がありますので、コースに応じて最寄りの駐車場を利用できます。榛名富士のふもと、ビジターセンター駐車場は、湖畔散策に利用しやすいでしょう。 紹介するコースは、登山というよりもハイキング感覚で気軽に楽しめますが、服装や靴、変わりやすい天候への備えなどをおすすめします。外輪山の登山道には岩場などもありますので注意してください。
伊香保方向から湖畔に向かう、あの滑走路のような直線道路の両側に「つつじの道」、「ゆうすげの道」があります。つつじの道はみごとなツツジ群生地の中を歩き、新緑の中に鮮やかに咲くツツジの花が楽しめます。これから見ごろの季節を迎えます。
「ゆうすげの道」は松之沢グランドの近くから入ります。箕郷に抜ける松之沢峠の入り口に駐車場があります。広大な沼の原湿原の中の木道で、1周するのに約30分。榛名山を訪れた人は、ぜひ一度は歩いてほしいおすすめスポットです。ユウスゲの花の時期は7月下旬から8月です。ユウスゲは夕方から咲き、翌朝にはしぼんでしまうので、日中は残念ながら花を余り見ることはできません。夕方4時過ぎに行ってみるといいでしょう。同じ夏の時期には、マツムシソウ、キキョウを見ることもできます。
「ゆうすげの道」を奥まで進むと「関東ふれあいの道」に出ます。正面が標高1441mの相馬山、奇岩スルス岩も見えます。 一度歩いてみたら、きっとあなたも「ゆうすげの道」のファンになるでしょう。そして誰かに教えたくなる、誰かを連れてきたくなると思います。
高崎城址写真

榛名富士から富士山を見よう

榛名山ロープウェイでふもとの榛名高原駅から榛名富士山頂駅まで、2分50秒。長さ527m、標高差300m。ゴンドラの窓からの眺めを楽しんでください。もっと見ていたいなぁと思っているうちに山頂に到着です。山頂駅からは360度の展望大パノラマ。運が良ければ、安中方向に富士山が見えます。山頂駅から階段を上ると、数分で山頂の榛名富士山神社があります。 ロープウェイを使わずに、ビジターセンターから登るコースがあります。下から見上げるとわかりますが、割と斜度があり、直登に近いジグザグコースで約50分。「ゆうすげ」側からのルートもあります。登りは徒歩、帰りはロープウェイと楽しみ方を増やしてみてはどうでしょうか。 ロープウェイは大人片道430円、往復820円。小人片道220円、往復400円。高原駅に駐車場があります。運行時間は4月から10月まで午前9時15分から午後4時55分。

榛名湖・榛名富士を見るなら
絶景の「硯岩」
国民宿舎榛名吾妻荘から林道に入ると、「掃部ヶ岳・硯岩」への登山道があります。駐車場は吾妻荘の近くに公営があります。吾妻荘前から見上げると、硯岩(すずりいわ)の岩壁が目にすることができます。登山道をしばらく登ると、硯岩に分岐する峠に出ます。急な登りを一気に登ると、そこは硯岩。開けた展望に思わず「おおっ」と声が出てしまいます。眼下に榛名湖、榛名富士。榛名山で一番の展望スポットです。ここからの写真は観光ポスターなどにも使われています。夏の榛名湖花火をここから眺めるのもいいかもしれませんが、足場が狭い断崖絶壁なので、本当に注意してください。片道20分くらいのコースです。
この登山道は掃部ヶ岳への山頂へと続き、樹林の間から見える谷川岳、また南アルプス、八ヶ岳の山々の眺望は、登山愛好家をひきつけています。

子どもと楽しむレジャースポット

県立榛名公園ビジターセンターでは、榛名の自然、動植物をわかりやすく解説する展示スペースがあります。併設している榛名ロッジは湖を眺めながら軽食、喫茶ができます。
榛名湖ゴーカートは、最高速度30km。運転できるのは11歳以上で、10歳以下は保護者同伴です。一人乗りで3周500円、7周1000円。二人乗り2周500円、5周1000円。何周回ったか係の人が教えてくれます。
榛名湖畔の名物、トテ馬車は、榛名湖観光案内所前と榛名高原駅を往復しています。時間は約20分。湖一周コースもあります。料金はコースによって変わり、500円から2500円。大正時代、真鍮のラッパを「トテトテー」と鳴らしていたところから、 トテ馬車と言われるようになったそうです。
榛名湖に行けば、目に入るのが遊覧船とボート。 遊覧船「白鳥丸U世号」は榛名湖1周で約20分。大人(中学生以上)700円、小人350円。営業時間は午前9時から。終業は天候などに応じて午後4時、5時頃まで。出航時間は決まっておらず、お客様が集まれば常時運航。 ペダルボート(定員3人)は30分1500円、手こぎボート(定員2人)は30分700円。モーターボートは1人800円。 榛名湖は1周5・6キロ。自転車に乗ってのんびりサイクリングしてみましょう。レンタサイクルは1人乗り500円(1時間)、2人乗り1000円(1時間)。四輪車1000円(30分)・三輪車500円(30分)。 群馬県営榛名湖オートキャンプ場には、テント、バンガロー、トレーラーハウスがあり、アウトドアライフを快適に楽しむことができます。
糀屋外観写真

幽玄の杜音楽会
5月22日、23日に榛名神社神楽殿で、「幽玄の杜音楽会」が開催されます。 このコンサートは、榛名神社門前の社家町が地域の活性化として始めたもので、今回で12回目。国指定重要文化財である榛名神社神楽殿をステージに、ジャズとクラシックを榛名神社の荘厳な雰囲気の中で楽しんでもらう人気のイベント。食事付で名物のそばを味わえるのも魅力です。 5月22日(土)は菅野義孝カルテットと岡淳によるジャズコンサート、23日(日)は群馬交響楽団メンバーによる弦楽とフルートのクラシックコンサート。 両日とも2回公演で、昼の部・午前11時30分〜午後1時=食事、午後1時30分〜3時=コンサート。夜の部・午後4時30分〜6時=食事。午後6時30分〜8時=コンサート。 入場料は3000円。定員は両日とも午前の部・先着170人、午後の部・先着235人。社家町名物の門前そば御膳の食事と「榛名湖温泉 ゆうすげ 元湯」の日帰り入浴券付き。申し込みは、榛名支所産業観光課内社家町活性化委員会事務局・電話027・374・5111。

このページのトップへ